スズキ・スズライト

4人乗り軽自動車の元祖、スズキ・スズライト

スズキは明治42(1909)年創業の機械メーカーがルーツの歴史ある企業。

 

自動車産業参入の前から、既に大企業だったが、時代の変化に敏感に対応し、自動車用補助エンジンを手始めに車作りを始めた。

 

昭和30(1955)年に送り出した初の本格軽自動車スズライトも、その新事業への挑戦の一環だ。

 

軽自動車とはいえ庶民には高価な初代は売れたとは言い難かったが、好調な二輪車部門や商用車に支えられながら改良を続けた。その甲斐あって、商用バン規格の2BOXで登場した2代目は成功、続きスズライトフロンテTLAの大ヒットへと繋がる。

 

のちにアルトやワゴンRで新たな軽市場を切り開くスズキのフロンティア精神は、この時代から始まっていたのだ。

 

 

スズライトの変遷

年代

詳細

1955年(昭和30年)

セダンSSHと、ライトバンSLの2車種で発売開始

1956年(昭和31年)

サスペンション改良

1959年(昭和34年)

2代目スズライトTL発売

1962年(昭和37年)

装備充実のフロンテTLA発売

1967年(昭和42年)

セダン販売終了

1968年(昭和43年)

バン販売終了

 

初代スズライト

初代スズライトの画像

 

スズライトキャリー

スズライトキャリーの画像

 

2代目スズライト

2代目スズライトキャリーの画像