スバル360

技術やコストの壁を超え夢を現実にした「てんとう虫」

スバル360

 

昭和30(1955)年に360ccでの規格が定まった軽自動車が定まった軽自動車市場には、零細メーカーも数多く参入した。しかし多くはとても実用に耐える代物ではなかった。

 

デザインやパッケージングには無理があり、品質はブリキのオモチャに毛の生えたようなもの。性能的にも箱根の山を超えられない車が珍しくないレベル。それでいて、価格も庶民にはとても手届くものではなかった。

 

そんななかで、始めて実用的な性能と広さや乗り心地を備え、価格的にも手の届く存在として大ヒットとなったのが、昭和33年に登場したスバル360だった。

 

スバルの独創性はここから

戦時中は戦闘機の隼や車爆撃機の呑龍などを開発した中島飛行機を母体とする富士重工業のエンジニアが、隼の車輪を流用したスクーターのラビットや日本初のり屋エンジンバスなどを世に送り出した後、持てる技術をフル投入したのがこの車だ。

 

航空機エンジニアらしい独創性や合理性は、古物コックの愛らしいボディやトーションバーを使った4輪独立の足まわりなど、随所に発揮されていた。

 

広さと強度を両立させた丸みを帯びたデザインも好評で、てんとう虫の愛称をつけられたこの車は、見事に国民車としての役割を果たしたのだ。

 

スバル360の変遷

年代

詳細

1958年(昭和33年)

スバル360発売、6月までの前期型と7月移行の後期型で右側後方のエアダクトグリル新設など若干デザインが違う

1959年(昭和34年)

コンバーチブル追加

1960年(昭和35年)

改良でフロントバンパーを一本型に変更、エンジンはEK31型からEK32型に、ワイパーの作動角アップなどスバル450発売

1961年(昭和36年)

スタンダードとデラックスに分かれる デラックスはひさし付きヘッドランプ採用、姉妹車サンバー発売

1963年(昭和38年)

サイドウインドウをフルオープン昇降式に変更 バンモデル「カスタム」追加、オートクラッチモデル追加

1968年(昭和43年)

スポーツモデル「ヤングSS」「ヤングS」追加

1970年(昭和45年)

生産終了