初代スカイライン

大衆車からGTカーへ変貌していく名門セダン

初代スカイライン

技術優先プリンスの血脈
スカイラインを生み出したプリンス自動車は、スバルの富士重工と同様、航空機メーカーの立川飛行機に前身を持つ。

 

戦後数社に分割された中島飛行機の中で、主にエンジンを開発していた富士精密工業と昭和29(1954)年に合併するなど、複雑な歴史を歩んでいる。

 

ただし、スバルが軽自動車やバスボディなどで地道に足場を固めたのに対して、プリンスは凝った上級車を指向した。昭和32年に登場した初代スカイラインも、当時のクラウンのライバルとなる上級セダンだった。

 

当時最先端のド・ディオンアクスルによる四輪独立サスや高性能エンジン、垢抜けたデザインを備えていたが、技術優先の社風は営業面の弱さとなり、販売は必ずしも順調ではなかった。

 

そこで昭和38年登場の2代目スカイラインは、少し温和なファミリーセダンへと軌道修正する。ただし、技術的には優れていたが、やはりライバルより高価で売りにくい。

 

それを覆したのが、グロリア用の6気筒エンジンを積むGTの、昭和39年の日本GPでの大活躍。営業面の弱さは最後まで足を引っ張り、昭和41年に日産に吸収合併されてしまうが、以後もスカGは若者の憧れとなったのだ。

 

スカイライの変遷

年代

詳細

1957年(昭和32年)

初代スカイラインALSI型発売

1960年(昭和35年)

マイナーチェンジで丸目テールランプに変更、ミケロッディのデザインによるスカイラインスポーツをトリノショーに出展

1962年(昭和37年)

スカイラインスポーツ追加

1963年(昭和38年)

2代目S50型にモデルチェンジ

1964年(昭和39年)

ホモロゲーション用にスカイライン2000GTを100台限定販売

1965年(昭和40年)

3連キャブのGT-B(赤バッジ)に続き、シングルキャブのGT-A(青バッジ)を発売

1966年(昭和41年)

ニッサン・プリンス・スカイラインに車名変更、マイナーチェンジでグリルデザイン変更

1968年(昭和43年)

3代目ハコスカにモデルチェンジ

 

初代スカイラインの後部画像

 

GT-BからGT-RへスカG伝説は始まった

第一回日本GPでレギュレーションを正直に守り、トヨタやいすゞに惨敗した日産は、翌年グロリアに積まれた6気筒を積むスカイライン2000GTで参戦。ボディを20cm延長させて無理矢理エンジンを積むという荒技。ポルシェには敗れるも、他の国産勢を圧倒、2〜6位を独占。

 

3代目のハコスカではS20型6気筒DOHCエンジンを積むGT-Rが登場。しかし排ガス規制と石油ショックの逆風で、長年消えることになった。