トヨタ初代パブリカ

水平対向2気筒を積む民衆のための超小型車

初代パブリカ

 

昭和30(1955)年に発売された国民車構想は、当時の日本の技術・経済力では到底実現は不可能だったが、各メーカーの小型車開発の指針とはなった。

 

それに沿った回答の一つが、昭和36年登場したパブリカだ。軽量コンパクト、低価格を追求して700ccの空冷水平対向2気筒エンジンを新開発。当初予定していたFFは、技術的問題が解決できず、常識的なFRになったものの、出来栄えは上場だった。

 

ただし、ようやく軽自動車に手が届き始めたばかりの当時の庶民には、残念ながらまだ高嶺の花だった。

 

このクラスがビジネスとして成立するのは、若者にも車が買えるようになる昭和40年代後半、後継モデルのパブリカが出た頃だった。

 

初代パブリカの変遷

年代

詳細

1961年(昭和36年)

販売開始、セダンの価格は38.9万円

1962年(昭和37年)

トヨグライド式のセミオートマチック仕様車追加

1963年(昭和38年)

リクライニングシートやラジオの付いたデラックスやコンバーチブルを追加

1964年(昭和39年)

マイナーチェンジで32馬力にパワーアップ

1966年(昭和41年)

ビッグマイナーチェンジで排気量を800ccに拡大

1969年(昭和44年)

2代目に移行

 

初代パブリカ