初代クラウン

国内専用だから出来た発想

初代クラウンの画像

 

戦時中は軍需最優先のモノづくりを強制され、民生用機械は技術開発もままならなかった日本の工業界は、その遅れを取り戻すべく、戦後は猛然と海外からの技術導入を進めた。自動車業界でも、日産はオースチン、いすゞはヒルマン、日野はルノーとそれぞれ提携して、部品を輸入してのノックダウン生産から始めて順次国産化を進め、乗用車づくりの技術を学んだのだ。

 

そんな中で、トヨタは海外の技術に限らず、すべて自前で本格的な乗用車の開発に挑んだ。それは創業者である発明王、豊田佐吉氏から受け継がれた豊田家の家風でもあった。昭和30年に登場した初代クラウンが、日本初の本格国産乗用車と呼ばれる所以もそこにある。

 

日本の環境や文化、日本人の使い方に合わせて、日本人の力で生み出した車。だからこそ、初代クラウンは発表会に2万人近くが足を運ぶという国民的な話題を呼んだのだ。

 

相違と工夫で自分たちにしか作れない車を造るというトヨタのDNAは、最新のクラウンにも生きている。世界に通じる性能を実現しながら、クラウンが日本人の感性に響く設えにこだわった国内専用車であり続けるのも、初代から受け継ぐ志の証なのである。

 

初代クラウンの変遷

年代

詳細

1955年(昭和30年)

発売開始。

1957年(昭和32年)

オーストラリアラリーに出場、完走。

1958年(昭和33年)

マイナーチェンジ。ディーゼル車追加。

1960年(昭和35年)

マイナーチェンジ。1900ccモデルやトヨグライドAT車を追加。

1962年(昭和37年)

2代目に移行。

 

クラウンエイト

クラウンエイトの画像

(昭和39年〜42年)
排気量は次第に大きくなり、V8・2.6Lの派生車も登場

 

 

 

4代目クラウン2ドアHT

4代目クラウン2ドアの画像

(昭和46年〜49年)
3代目から6代目までは2ドアHT車のラインナップ。