昭和の名車

通産省の国民車構想を景気に純国産車の時代へ

日本がアメリカと戦争をして負けたという事実を知らない子どもが増えているというニュースが流れたのは、随分前のことだ。

 

全国津々浦々まで舗装道路が完備され、どんな地方でも自家用車のある暮らしが当たり前の現代の日本から、戦争で焼け野原になった貧しい時代を想像することは難しい。

 

戦後の日本がアメリカの占領政策から解放され、主権を回復したのは昭和27(1952)年のこと。それまでの日本は連合国最高司令官総司令部(GHQ)が占領政策を実施しており、車の生産もトラックやバス以外は厳しく制限されていた。自家用車など夢のまた夢という時代だった。

 

しかし、そこから奇跡の復興は始まった。そのきっかけとなったのが、昭和30年に通産省の官僚が発案した国民車構想であり、同年に登場した日本初の本格量産乗用車のクラウンと、同じく初の本格軽乗用車となったスズライトだ。

 

4人乗りで25万円以下、最高速100km/hといった国民車の要件は、当時の日本では実現不可能な数値だった。しかしそれは「いつかはマイカーを持ちたい」と国民に詰めを守らせる大きな効果を発揮した。

 

外国車のモノマネではない。オリジナル技術によるクラウンや、まだまだ高価かつ未熟とはいえ身近さを感じさせたスズライトの登場も、着実にその夢が近づいてくる実感となり、人々のやる気を掻き立てたのだ。

 

他社も外国車のライセンス生産や航空機、二輪車での実績などを足場に、続々と上当社の開発生産に乗り出す。かくして昭和30年代の日本は、狭い国土に商用専業を含む10社もの自動車メーカーが乱立する、世界でも稀な自動車大国へと成長していくのである。

 

昭和39年の東京オリンピックもその背中を押した。開催に合わせて初の本格ハイウェイの名神や新幹線、首都高速の建設が進むイケイケの急成長が、マイカーを夢から現実にしたのである。

 

昭和30年(1955年)当時の物価

昭和30年物価指数

物価

国家公務員の初任給(平均)

8700円

スズライト360

42万円

入浴料

大人15円、中人12円、小人6円、洗髪10円

ビール(大瓶)

120円

タマゴ1個

14円

白米10kg

845円

国鉄東京〜大阪特急運賃(3等)

1,470円

白黒テレビ(14インチ普及型)

14万円

映画の平均入場料

63円

 

スズライトの画像

昭和30年、国民車を目指して造られたスズライトは42万円という価格。これは国家公務員の給料役4年分、現在の感覚では1000万円を超えてしまうほど高額だったのだ。

 

しかし、日本の経済発展は驚異的で、昭和40年の平均給与は10年前の2倍以上となり、車は一気に普及していく。東京オリンピックで道路の整備も進み、大都市にはトラックや乗用車が溢れ始めた。

 

 

1万円札の画像

日本初の1万円紙幣(聖徳太子肖像のC券)は昭和33年に発行。

 

高度経済成長の象徴となった。

 

5千円紙幣は前年の昭和32年に発行。